ここから本文です

ボランティア初心者ガイド

ボランティア活動の基礎知識

1 ボランティアを始めたいあなたへ

ボランティア活動は、子どもも、学生も、社会人も、シニア世代も、誰でも、自分の興味や関心によって、また時間の余裕や生活スタイルにあわせて参加できる活動です。

そして、ボランティア活動には、こうした気軽さとあわせて、自分の考えではじめたこととしての責任が大切でもあります。また、ほかの人々の考えを尊重しつつ、お互いの違いを認め合うことも必要です。

「ボランティア」とは、「意志」「善意」の意味をもつラテン語の ≪VOLUNTAS≫ が語源だといわれることから、「自分自身の、自由な意志によって、援助のためにすすんで行動する人」といえます。そして、一人ひとりの自由と信念が尊重され、誰もが安心してくらせる平和な社会を創ることに、自分の考えで、金銭を目的とせずにかかわっていくことが“ボランティア活動”なのです。

ボランティア活動には、学校や職場では得られない「出会い」と「気づき」、そして「学び」があります。ボランティア活動を通して、自分の街で、そして、社会で起きていることに気づき、出会った人々の生き方から考えさせられ、自分の生活を見つめなおす機会ができるでしょう。そして、その中で、年齢、職業、国籍を超えたさまざまな人々のつながりが生まれることでしょう。

ボランティア活動をはじめる時も、場所も、そしてきっかけもさまざまです。自分らしさを大切にしながら、あなたも、ボランティア活動の第一歩を踏み出してみませんか。

2 ボランティア活動、4つの原則

ボランティア活動をすすめる上で大切にしてほしいポイントを「ボランティア活動の4つの原則」としてまとめました。 (1)自分からすすんで行動する──「自主性・主体性」
ボランティア活動は、自分自身の考えによって始める活動であって、だれかに強制されたり、また、義務として行わせる活動ではありません。友人から誘われたり、あるいは、たとえば学校や会社の行事として参加したり、テレビや新聞で見かけたり…。どんな小さなきっかけでも、自分自身の「やってみよう」という気持ちを大切にすることから、ボランティア活動がはじまります。

(2)ともに支え合い、学び合う──「社会性・連帯性」
わたしたちの社会にはさまざま課題が存在します。こうした課題を発見し、改善していくためには一人ひとりが考えることと、多くの人びとと協力しながら力を合わせて行動することが大切です。

(3)見返りを求めない──「無償性・無給性」
ボランティア活動は、活動目的の達成によって、出会いや発見、感動、そしてよろこびといった精神的な報酬を得る活動であり、個人的な利益や報酬を第一の目的にした活動ではありません。(ただし、交通費や食費、材料費などの実費弁償については無償の範囲としています)

(4)よりよい社会をつくる──「創造性・開拓性・先駆性」
目の前の課題に対して、何が必要なのか、そして、改善のためにはどうすればよいか。ボランティア活動では、従来の考え方にとらわれることなく、自由な発想やアイデアを大切にしながら、方法やしくみを考え、創り出していくことが大切です。


情報提供:東京ボランティア・市民活動センター
   
本文はここまでです このページの先頭へ